介護派遣の職場見学で確認すべきポイントとは?

介護求人サイトで気になった施設や事業所は、必ず職場見学をすることをお勧めます

実際に職場を見ておくことは、求人サイトでは伝わってこない職場までの交通アクセス、また介護施設であれば匂いや衛生管理などの情報を知ることができます。

そうすることで、自分が思っていたものと現実とのギャップによる早期退職のリスクを減らすことにもつながります

そこで今回は、職場を事前に見学することが転職活動にどう活かされるのかをご説明します。

介護転職の職場見学で確認すべきポイントとは?

介護施設はオープンで職場見学も行いやすい

基本的に有料老人ホームや特別養護老人ホームといった介護施設は、日中にご家族が面会に訪れたり、入居者様以外の方も頻繁に出入りすることもあり、求職者の職場見学も気軽に受付てくれることが多く、施設によっては、当日に見学したい旨を受付に伝えれば見学可能なところもあります

しかし、見学する場合は求職者としていう立場なので、必ず事前に電話で見学の予約を入れ、当日の服装はスーツで訪問するようにしましょう。

その後、採用面接となった時の印象も良いものとなるでしょう。

介護施設はオープンで職場見学も行いやすい

職場見学の服装はスーツ着用

あらためてかしこまる必要はありませんが、職場見学時の服装は、スーツを着用するようにしましょう。

但し、面接時に「この施設で働きたいです!」といった強いアピールは、入社後に自分への過度な期待をされてしまうことにもなるので、出来るだけやらない方がいいでしょう。

職場見学の服装はスーツ着用

職場見学でチェックする項目とは

職場見学に訪れるを時間帯によっては、是非見学しておきたい入浴や食事といった介助現場を見ることができません。

しかし、一度でも介護施設で働いた経験があれば、職場の善し悪しは全体の雰囲気である程度判断できるでしょう。

しかしそれよりも、忘れずにチェックしておくべきポイントをまとめました。

入居者様の状態

職場見学時は、入居者様の目に様子を目にすることが多いでしょう。

その中で、1人でぼんやりとしている方や、車椅子からすべり落ちそうな方がいる場合は要注意です

なぜなら、そのような入居者様がいても職員が気づいていない、あるいは無視をしている、または対応できる人手が不足している事が考えられます。

しかも、外部より見学者が訪問しているのですからなおさらです。

職員の態度

当日は、受付の事務の方、施設内を案内してくれる方、介護を行うケアスタッフなど、職員の話し方や挨拶の仕方、表情などにも注意して見学するようにしましょう

もしも今後、この施設で働くことになった場合には、彼らが先輩であり、今後助け合わなければいけない仲間になります。

その人たちは、もしも自分が困った時に頼ることができそうですか?介護という仕事をなめていませんか?この施設を良くしていこうとしていますか?

少々気が早いと感じるかもしれませんが、もしもあなたが入社した時のことをイメージした見学も重要です。

衛生管理状況

施設の衛生管理の状態を見て回ることでも、その施設の大抵の事が見えてきます

外観、玄関、食堂、トイレ、共有スペース、更衣室、休憩室などや、外にゴミが置きっぱなしにされていないか?床が汚れたり、濡れていないか?汚物回収時の職員の服装はどうか?掃除や臭いなど、面会のご家族が来訪した時の心配りはされているか?

もしも、綺麗で清その施設で働くことになったなら、清潔な職場がいいですよね。

入居者様に対する職員の接し方

施設の職員がどの様に入居者様と接しているのかをよく観察することで、施設のレベルや教育体制が分かるかと思います

中には、入居者様を「ちゃん」付けで呼んでいる介護職員の姿を見かけることもあり、とくに若い職員がそうする姿はあまり良い印象を与えません。

入居者様は、自分より目上の人間であり、いわば人生の大先輩でもあるのです。そして、入居者様があってこそ介護サービスの仕事が成り立つのです。

和やかな雰囲気で良いと受け止める方もいるでしょうが、個人的には「友人」や「家族」ではないので失礼にあたると考えています。

入居者様に対する職員の接し方

まとめ

職場見学の際、施設側はなるべく悪いところを見せないようにします。

しかし、言動や行動の端々に、いつもの癖は無意識に出てしまうものです。

それをふまえて、見学者側はそれを敏感に感じ取る必要があります。

注意を凝らしてチェックし、後悔しない仕事選びに役立てて行きましょう。

事前に職場見学ができる介護派遣会社はこちら