介護現場のリーダーとは?求められるスキルや役割について

複数の介護士が働く介護施設などの現場では、1フロアごとに最低でも1名のリーダー的な存在の職員がいます。

リーダーの役割は、食事・入浴・排泄の介助といった様々な介護業務が円滑に行われるように振り分ける責任者です。

他にも、ケアマネージャーや看護師への報告・連絡・相談を行ったり、他の介護職員の意見や要望を管理職に伝える重要なパイプ役でもあります。

その上、介護の業務も他の介護職員よりもこなす必要がありますので、決して楽とは言えない仕事です。

しかし「リーダー」という役職が付くことで給与や賞与などに反映されるので、一般的な会社員以上の給与がもらえる場合も珍しくありません。 

では、リーダーになる為には具体的にどうしたらいいのでしょうか?

勤続年数も長く、資格も知識も十分あるのにリーダーになれないという場合も中にはあると思いますが、施設の経営者が思うリーダーの条件をご紹介します。

介護現場のリーダーとは?求められるスキルや役割について

実践的な介護スキルを身につける

第一に、リーダーに求められるのは実践的な介護スキルです。

実践的というのは、知識があるだけではなく、実際に身体が動いて臨機応変に対処のできることであり、リーダーにふさわしいと言えます。

その上、こうしたスキルを身につけ介護に従事することで、そのリーダーの下で働く職員との信頼関係も安定し、また、利用者側からの信頼にも繋がります。

実践的な介護スキルを身につける

スキルの身に付け方

スキルは、介護経験だけではなく、日々の生活の中での積み重ねであったりと、例えるなら人間力のようなものです。

重要なことは、必要なスキルを正しく理解した上で従事し続けるということです

今や、大方の知識はインターネット上で得ることが可能となりましたが、中には間違った情報も紛れているため、個人的には介護に関する書籍の購入をおすすめします。

さらに大切なことは、調べて理解しようとする熱意です

自分自身で調べて獲得した知識を現場で活かすことが出来た時は大きな自信に繋がるでしょうし、それがまた更なる意欲に繋がっていきます。

スキルの身に付け方

人の上に立つべき人柄

介護福祉士の資格を持ち、経験年数も長い職員がいても、リーダーとしてキャリアアップ出来ていない理由には、もしかすると人柄が関係しているかもしれません。

リーダーにはパーフェクトなスキルや経験が必要とされる上、リーダーとしての人柄も求められます

管理職である経営者や施設長と、現場で働く職員の両極端と関わるポジションなので、どちらかに偏ってはいけません。

両者の意見のぶつかりを中和するため心労も酷いと聞きます。

そういった心労の中であっても、職場での人間関係のバランスを調整することができ、みなから慕われる人柄を持つ人がリーダーにふさわしいと言えるでしょう

人の上に立つべき人柄

リーダーになるための条件

リーダーになるための条件をあえてまとめるならば、長年培った介護スキルの基づいた、常に正しい発言や行動をとることができる人。

また、経営者目線でスムーズな業務を行えるよう指示をすることもできる一方で、現場職員の一員として誰からも信頼されるリーダーシップも持ち合わせている人でしょう。

しかし、まずはリーダーに慣れる可能性が高い職場で働くことも重要です。今の職場に絶対的なリーダーがいるなら、新規オープンの老人ホームなどに転職した方が早いかもしれません。

介護リーダー転職におすすめの求人サイトはこちら